学校案内

大和まほろば日本語学校の特長

1.独自の教授法による効率的な日本語教育
2.数多くの学校行事を通して楽しい学校生活
3.数多くの地域の日本人との交流活動
4.『ことば奨学会』が日本での生活を安心にします

理事長メッセージ

1991年10月1日開校許可をいただき、1992年1月8日最初の学生10人が神戸港に着いて、日本語学校が始まりました。私も徳松初代学院長も、今にして思えば若かった・・・それから18年の月日を経て専門学校の開校にいたりました。しかし私は国際ことば学院には更なる飛躍が必要だと痛切に感じています。コンピューターと語学が融合した実践的な技術大学です。働くものに真に役立つ学校、学ぶ者が実力をつけられる学校にしたいのです。教える学校から練習する学校、研究する学校にしていきたいと考えています。だからこそ私は日本語学校と専門学校で、その実現をたぐり寄せるような教育改革を推し進めていきたいと思うのです。

教育改革、只管朗読・只管筆写
「国際ことば学院日本語学校」の校舎の窓には、初代学院長・徳松節子先生の開校宣言である「只管朗読・只管筆写・ことば修練道場」が高々と掲げられています。「一心不乱に繰り返し朗読し、書き写すことで、誰でも上達する」という意味です。ただ、単に教えられるのではなく、自ら学ぼうとする姿こそが、本校の目指すものであり、日々鍛錬することが、喜びであると感じられる学校でありたいと願います。

波濤を越えて・・・北斎が私達のために道を示してくれた
葛飾北斎、晩年の代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の作品が描かれたのは、西暦1833年頃です。西暦1853年、アメリカのペルリ堤督率いる四隻の黒船の浦賀来航より遡ること20年前のことになります。飛沫をあげ小舟に襲いかかろうとしている巨大な波の間に、富士が遠く悠然とそびえているこの作品に私達の進むべき道が鮮やかに示されているのを感じます。

校長あいさつ

国際ことば学院グループは、1991年に静岡県に日本語学校を設立したことがはじまりです。静岡県に日本語学校を2校、専門学校を1校、奈良県に日本語学校1校を持ち、約600名の学生が学んでいます。設立以来25年で22か国、2,000名以上の卒業生が日本や世界で活躍しています。大和まほろば日本語学校は、国際ことば学院グループで培った25年の日本語授業ノウハウを活用し、生活や進学など目的にあわせた効果的な授業を行ないます。奈良県は、日本の古都でもあり歴史的遺産や寺院などが多数あります。学校がある桜井市は、日本最古の神社があり、日本芸能の発祥の街です。日本の歴史に触れながら日本語が学べるとても恵まれた環境の日本語学校です。大和まほろば日本語学校で皆さんの夢を叶えてください。教職員一同、皆さんの日本の家族として応援します。

基本情報

名称 大和まほろば日本語学校
住所 〒633-0053 奈良県桜井市谷10-1
TEL 0744-44-2424
営業時間 8:30-17:30
定休日 土日祝(長期休暇あり)
メールアドレス yamato@kotoba.ac.jp

アクセスマップ

PAGE TOP